SDGsへの取組み

株式会社プライムエコ SDGs宣言

株式会社プライムエコは、国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向け、社会の課題、とくに建設業界における課題解決に取り組むことを宣言します。全社で取り組むことで、社員一人一人のSDGsへの意識が高まり、個として手の届く範囲の社会貢献を期待します。
株式会社プライムエコは、社員一人一人と手を携え、誰一人取り残さない世界の実現に貢献していくことを宣言いたします。

2021年4月1日
代表取締役 北野 正明

破壊から始まる新たな力
SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、誰一人取り残さない(leave no one behind)世界を目指し、2015年9月に国連加盟193カ国で採択された国際目標です。2030年までに世界を変えるための「17の目標」と「169のターゲット」で構成されています。

https://www.un.org/sustainabledevelopment/sustainable-development-goals/

SDGs-Mapping

SDG17:パートナーシップで目標を達成しようのゴールは、「持続可能な開発に向けてグローバル・パートナーシップを活性化する」となっています。そのグローバルパートナーシップの輪に加わるべく、株式会社プライムエコでは、とくに

にフォーカスし、そこから社会全体の課題解決に向け、貢献してまいります。

SDGs-Action-1-1

世界最大の超大型重機で不可能を可能に

株式会社プライムエコは、従来の解体工事では、不可能だった工法を実現し、工期短縮や安全を確立しました。

寿命を迎える高層コンクリート建造物の解体

国内では、高度成長期に建造された数多くの高層建造物が寿命を迎えています。
スクラップ&ビルドが急速に進む都市において、従来型の解体工法では以下の問題があります。

  • 工期が長期に及ぶため、環境への負荷が大きくなっている。
  • 高所作業が多く、作業員の危険が増大している。
  • 高層建造物を内部から解体するため、崩落の危険がつきまとう。
解体工法の今昔
SDGs-Action-1-2

安全であるために全力を尽くす

重機をたくさん保有していても、最新の施工計画に基づいていても、
私たちプライムエコの社員は、ひとつひとつの事に愚直に取り組んでいます。
それが「安全であることに全力を尽くす」ことに繋がるからです。

無事故が幸せを創る

つぶしてはいけない。子どもたちの未来を。

環境が忘れ去られていた高度成長期。
その反動が、現在の異常気象や災害多発につながっています。
私たちは、古い時代のコンクリート建造物を破壊します。
しかし、大切な子どもたちの未来は、決してつぶしません。

gtl燃料

GTl燃料は、天然ガス由来の軽油代替燃料です。石油由来の製品と同等の性状を保持しつつ、軽油対比でCO2排出量を8.5%削減することができます。主な特徴は以下の通りです。

  • 硫黄分・金属分・芳香族分を含まない非毒性のパラフィン系燃料
  • 煙が出ないので、NOx、SOx、PM等、排ガスの低減効果が期待できる(写真参照)
  • 誤って土壌に溢しても、バクテリアが軽油よりも早く分解するため生分解性に優れている

信頼の高い施工計画力

 株式会社プライムエコは、信頼の高い解体工事をスムーズに行うために、
「すべての関係者が理解できること」「計画通りに工事を完了させること」を目的に
施行計画書を作成のうえ、その計画通りに工事を行ってまいります。

主な取り組み

お問い合わせフォーム

2営業日以内にご返信いたします。しばらくお待ちください。

    必須お名前
    任意会社名
    必須e-mail
    任意電話番号
    必須お問い合わせ内容

    スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

    メニュー